建設・建築

未来の建設・建築業界の姿
建設業界では、生産性と安全性を両立させる基礎的な準備が整っています。IoTベースのリアルタイム位置情報技術では、シンプルな低電力センサーが費用対効果の高い通信を可能にしています。また、建築計画の作成から実際の建設作業まで、一連の建設プロセスにおける各段階で何が起こっているかをリアルタイムで把握したり、建設中に重機や設備がどのように操作されるかを把握することができます。これにより、建設プロセスが合理化され、効率性が向上し、施工主からの難易度の高い要求にも対応できるようになります。

仕組み

実現できること

建設クルーの安全性確保

リアルタイム位置情報システムが提供する危険エリア警報、所在地モニタリング、行動分析などの機能により、建設クルーの安全性を維持します。

重機の監視

リアルタイム位置情報システムは、重機の稼働状況管理、配置場所管理、メンテナンススケジュール管理といった各種関連業務から、人手によるオペレーションを極力排除します。

業務フローの合理化

AIを利用した分析を通じて建設に関する業務フローを合理化し、プロジェクトの迅速な遂行や、投資の最小化を実現し、ROIを最大化させます。

建築資材の在庫最適化

リアルタイム位置情報システムによる資材監視、資材のパス追跡、利用時間管理により、建築資材の在庫管理・発注管理にかかる時間と労力を削減します。

作業時間の可視化

リアルタイム位置情報システムは、建設クルーの導線解析、重機の使用時間統計、アイドル状態チェックなどにより、建設クルーの作業時間最適化と作業効率化に寄与します。

リアルタイムダッシュボードによる気付き

当社のアプリケーションダッシュボードを使用すると、業務が行われている場所を特定し、管理し、最適化するために、医療業務の「今」をリアルタイムで視覚化します。

効率的な施設運用

最小限のコストで最大限にリソースを活用できます。

クイックサーチ

医療スタッフリストから、局面に応じて通知を行う個人を設定できます。

ビジュアルロケーション

Locate them on the floor plan in real-time

アラート/通知

医療スタッフリストから、局面に応じて通知を行う個人を設定できます。

Case Studies

IoT リアルタイム位置情報システムがもたらす資産や建設クルーのスマート管理

リアルタイム位置情報システムが実現するスマートオートメーションが建設・建築業界にどのような変革をもたらしているかをご紹介します。