ツール

ツールを使って、スマートプラットフォームを体験してみませんか

Pinmicroプラットフォームの機能を体験してみませんか? –お客様ポータルでRTLSハードウェアの在庫を管理したり、デバイス・マネージャーでハードウェアを設定したり、ロケーションスタジオを使ってRTLSロケーションアナリティクスのテストドライブをしたり、ウェブ/モバイルデベロッパーSDKを使って最初のテストアプリケーションを構築してみませんか? –

お客様ポータル

ハードウェアの管理、設定、操作を行うためのお客様向けポータルです。
お客様ポータルは,Pinmicroハードウェアのオーナーがハードウェアの注文や在庫を確認するための専用のウェブベースのポータルです。このポータルでは、ユーザーは在庫を管理するだけでなく、購入したPinmicroハードウェアのデバイス詳細にアクセスすることができます。
Click to preview

デバイス・マネージャー

Pinmicroのハードウェアを設定するモバイルアプリケーション。
デバイスマネージャーは、Pinmicro社製ハードウェアの所有者がハードウェアをチェックして設定するためのワンストップソリューションです。このポータルでは、お客様固有の要件に合わせて、出力強度、出力範囲、その他の機能など、ハードウェアのさまざまなパラメータを設定できます。最新のファームウェアとアップデートが定期的に提供されるため、お客様はハードウェアを最新の状態に保ち、最高のパフォーマンスを実現できます。
Click to preview

ロケーションスタジオ

屋内の位置情報分析をバーチャルにシミュレートするWeb/モバイルアプリケーション。
ロケーションスタジオはモバイルアプリケーションも備えたウェブポータルで、Pinmicro社が提供するハードウェアとソフトウェアがどのように連携しているかを視覚的に把握・管理する事ができ、また位置情報と動態分析をリアルタイムに提供しているツールです。 私たちPinmicro社はプラットフォームとハードウェア、そしてこのロケーションスタジオを用いた、リアルタイム位置情報システムを体験できるシンプルなアプリケーションを開発いたしました。
フロアマップの設計、センサーやゲートウェイの配置など、ソリューション全体に通じた一連のシナリオをお試しいただけます。ぜひ、カスタマーポータルをご利用ください。
Click to preview

デベロッパーSDK

正確なリアルタイムの屋内位置情報分析を提供する独自のビジネスソリューションを開発し、企業がより効率的に業務を遂行し、具体的なコスト削減を実現する完全デジタル企業への転換を可能にします。
Webやモバイルアプリケーションを構築するためのソフトウェアSDKライブラリです。
  • Web SDK
  • Mobile SDK

Web SDK

これまでインテリジェントな位置情報ソリューションを開発するには、 複雑さと困難がつきまとうのが通例で、多くの位置情報ベースのソリューションはハードウェアに依存しているため、ビッグデータ処理の知識が必要とされます。

Pinmicro社が提供するリアルタイム位置情報システムプラットフォームは、リアルタイム位置情報とIoTをビジネスアプリケーションとして統合するために、REST APIのコレクションを開発者向けに提供しています。 また、これらのREST APIに加えてWeb SDKを提供することにより、アプリケーション開発を容易にするための開発環境を力強くサポートしていきます。

※現在、このWebSDKはJava環境でのみご利用いただけます。

開発者はWebSDKを使用して、プラットフォームの位置監視、動作分析、オブジェクト識別、顔認識などの機能を利用し、堅牢な機能を搭載したソリューションを構築する事ができます。

Mobile SDK

私たちの提供しているAndroid SDKは、 iBeaconやその他主要ベンダーをサポートしているため、

iBeaconデバイスやEddystoneを検出することができます。このBeaconPlus SDKを使用する事で、Apple iBeaconテクノロジーやBLE近接プロファイルといった低消費電力での位置情報サービスを任意のスマートフォンアプリ上で簡単に実現する事ができます。
 iBeacon規格に準拠したiOS、Android、Windowsモバイルに対応した任意のスマートフォンアプリに、私たちの提供するBeaconPlus SDKを組み込むだけで、Beaconを活用したプロモーションサービスを即座に提供しはじめる事が可能となります。

BeaconPlus SDKは、開発者のプログラミング作業を軽減するAPI群で構成されているだけでなく、さらにはバッテリーの使用を最小限に抑えるよう考慮されています。 またアプリケーション非実行時であっても位置情報を発信するために、カスタマイズ可能なジオフェンシングテクノロジーに対応しています。